合羽を傷めずにお手入れするには、まず濡れたタオルで汚れを拭き取ってから、早めに風通しの良いところで陰干しにして乾かすのがおすすめです。

直射日光は紫外線で化学変化を起こし生地のコーティングを傷めるので厳禁です。
強いもみあらいや、高熱も避けるべきです。これらはすべて生地を傷め、防水性が無くなります。

なお、「合羽 手入れ」で検索すると別の記事もありますが、洗濯機やアイロン掛け、乾燥機、はあまり良くない、特に脱水機は危険です。ご自分の責任になります。

優しく、そっと、丁寧に接すれば、きっとあなたにも尽くしてくれます。
濡れたまま つくねておくと かびたり 臭ったりします。かっぱにも愛情を、HI、